FC2ブログ

RSS|archives|admin

お久しぶりです

2011.07.16 Sat
Sky-blue

本当に久々となってしまいました。
就職活動というものは本当に大変ですね。
一応今のところ落ち着いております。NNTではありますが。
夏コミは残念ながら申し込んでおりません。冬コミは申し込みたいなぁと思っております。

実をいいますと、前回の日記から四日後(3/24)に宮城県石巻市に行っておりました。
祖父の危篤の知らせが入りまして(私の祖父の家は山の上にあったので津波の被害や地震の被害には遭いませんでしたがライフラインの停止による薬の不足などで病院へ搬送)、3/20ごろには母が向かっていたのですが容態が悪化したということで、私と妹で高速バスを使い、石巻へ。
震災関連のニュースをおそらく皆様見ていたり、東北在住の方も中にはいらっしゃって被害の甚大さはわかっていると思います。
東北道は一部ひび割れした個所もあって車線制限がかかっているところもありました。
石巻に着いてからもひどかったですね。バス乗降場からタクシーを使って日赤病院へ向かったのですが、タクシー運転手の話を伺ったところ、会社所有のタクシーが50台ほどあったのが、津波の被害で半分以上なくなってしまったらしいです。仲間も何人か行方不明だということも聞いて。
祖父の容態は、寝たきりでしゃべっても何を言ってるかわからないのに加えて食欲もなく、3口ぐらいしかご飯を食べれない状態でした。病院の看護師の方々の負担にならないように、身の回りの世話などをやってました。あとは、ボランティアも少し。
街の様子は酷いですね…
PAP_0497.jpg
これが去年のGWに撮った写真で

DSC_0035.jpg
これが今年の3月末に撮った写真です。写真の中央にある建物は市立病院です。津波の被害で使い物にならず…
道路も砂埃が酷かったです。街中を歩くときはマスクをしていました。
また、雪が降ったときは泥になってぐちゃぐちゃでしたね…
当時の物資配給ですが、自分が来たあたりからようやく電気が通ったというのとパンやおにぎりも賞味期限ぎりぎりのが…。
風呂は、使えました。ただ使えない世帯は、自衛隊の方々が用意して下さった風呂を利用する形。

石巻から、神奈川へ帰る途中で仙台の叔母の家に寄って、叔母の家から仙台駅に向かう時のタクシーの運転手とも会話をしたのですが、震災当時仙台空港周辺にいて、津波が押し寄せてくるのから命からがら逃げてきたということです。
仙台駅東口は、道路の一部が陥没していたりもしました。19時にはどこもコンビニも店じまいしていて真っ暗でした。居酒屋の一部が営業をしていました。

一応これは3月末に行った時の話ですので、今は色々違う点もあります。
そして祖父なのですが、自分と妹が発ってから数日後に、母が祖父の親戚を呼んだのです。
十数年ぶりに会って、祖父もだいぶ喜んでいたそうです。そして、翌日、母が病室を訪ねたら3口ぐらいで済まして残していた食事を、すべて平らげていたと。それから次第に回復していき、退院までいきました。
もともと足が弱っているので歩けないのですが、祖母が目を離している隙に二階まで腕の力で登るほどまでに回復していましたとwその話を聞いておもわず笑ってしまいました…^^;
祖父の目標である100歳が絶たれると思いましたが、100歳まで生きられるのではないかと思いますw

同人話でなく、個人的な話になってしまいましたがご報告ということで。
文章を書く時間が持てなかったので、これからリハビリがてら色々書いていこうと思います
スポンサーサイト





Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<三題噺 | HOME | 《ネタバレあり》QBさんの契約と民法の契約との比較>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://dounidemo6nare.blog10.fc2.com/tb.php/95-b4caeba8